くずは・枚方・交野・八幡・寝屋川・京田辺の矯正なら深井矯正歯科 / 日本矯正歯科学会 「認定医・専門医」による矯正治療

京阪本線「樟葉駅」徒歩5分

平日 13:30-19:30土曜 10:00-17:00休診日 月・木・日・祝日

対話の医療

院長の想い

安心と信頼の矯正治療を通じて、地域に貢献したい

わたしは営利の追求だけを目的に、医院を運営している訳ではありません。

深井矯正歯科クリニックの行う治療で、地域の健康に少しでも貢献したい。

高度な技術・専門的な知識を備えた、「正しい矯正治療」を地域に根付かせて行きたい。

そんな想いで、治療にあたっています。

矯正治療は時間がかかります。顔と顔を合わせ些細なことでも相談しながら、一緒にすばらしい歯並びを目指していきましょう。

院長の深井統久の写真
  • 理想

    本物の仕事とは、「相手の喜ぶ事をしてあげる事」でしか成立しない。わたしはそう考えています。

  • 地域

    世のため人のためになりたいと思っています。それを実践したいから、地域を大切にしています。楠葉・枚方・京阪沿線で、どこよりも高いレベルの治療を提供したいと考えています。

  • ひと

    いつでも心を開き、患者さんと同じ目線で考え、行動します。

    スタッフの満足は、患者様の満足に直結しています。スタッフが幸せで無ければ、患者様を幸せにはできないと思っています。

    スタッフにはお金のためではなく、人間的な成長のために働いてほしい。そう願っているし、そのように働きかけています。

  • 技術

    中途半端な治療はしたくないから、常に勉強を続けています。

    そうして得た専門知識と技術は、自院の治療だけでなく地域医療の向上にも役立てたいと考えています。

    その一環として、セカンドオピニオンを歓迎しています。もちろん費用はいただきません。

  • 院長の深井統久の想いと、理想・地域・ひと・技術があわさって、深井矯正歯科クリニックは成り立っています。

FOCコミュニケーション

矯正治療はコミュニケーションの医療

受付の写真

あなたとわたしには、それぞれ感情や意思があります。その思いを、言葉や表情などを通じて伝えあう事。それがコミュニケーションです。

矯正治療は、最低でも2年。長ければ7 年以上の通院が必要です。もし、あなたが望む治療を、わたしたちが理解できなければどうなるでしょう?そしてもし、わたしたちが説明する治療内容を、あなたが理解できなかったら?

きっとあなたは、長期間の通院が嫌になってしまうでしょう。

「医院に来たい・楽しい・スタッフに会いたい」そんな矯正歯科でいたいから。わたしたち深井矯正歯科クリニックは、コミュニケーションを一番に考えています。

  • 患者様とのコミュニケーション

    「日常会話」を何より大切にしています。例えばお子様であればクラブ活動の事や、学校での事などたくさん話します。

    「気になる事があるけれど聞きづらい…。」長期の通院を必要とする矯正歯科にとって、このような状態は最も避けたい事。

    治療が今どんな状態で、これからどうなって行くのか。わたしたちは毎回の説明を欠かしませんし、疑問や質問にどんどんお答えします。

    診察チェアーに患者様が座っていれば、ひざをつき、同じ目線でお話します。これは院長が「威圧感をあたえたくない」という思いからはじめた事で、今は皆で行っています。実際に目線を同じにする事で、心を開いてお話する事ができます。

  • スタッフ間のコミュニケーション

    安心できる医療、患者様へのおもてなしを、院長が率先して行う事。それはスタッフの成長に繋がると考えています。

    頻繁にミーティングを行って、情報交換を欠かしません。些細な事でも話し合い、意思を通じ合せてから診療にのぞみます。

    院長もスタッフも垣根なく、何かしてもらったら「ありがとう」を言います。互いを尊重できる院内環境を作っています。

  • 地域社会とのコミュニケーション

    他院へ通院されている方の相談(セカンドオピニオン)を歓迎しています。「地域医療の向上に貢献したい」との想いから、院長が的確なアドバイスをします。費用はいただきませんので、お気軽にご相談下さい。

  • 患者様・スタッフ・地域社会の中で対話を重ねあうことがFOCコミュニケーションです。

患者様とスタッフの物語

患者様の数だけ物語があります

スタッフと患者様の写真

患者様が数年にわたる時間を共有する仲間。それが深井矯正歯科クリニックのスタッフです。

治療の相談もそうでない事も、院内にはいつだって患者様とスタッフの話し声が聞こえます。治療の前後で、折々で催すイベントで。

嬉しい気持ちや楽しい気持ち、時には痛みやつらい気持ちを共有する患者様とスタッフ。そこには、自然といくつもの物語が生まれます。その一部をご紹介します。

Dr深井's STORY

アメリカ帰りの患者さん[38歳女性 T.Tさん]

アメリカ帰りの患者さん

アメリカで日本人看護師として医療現場に立っていたTさん。お母様の看病で一時日本に帰国されました。矯正の先進国アメリカで治療を始められていましたが、日本に帰国するため転院という形で当院を訪れました。お住まいは大阪市内なのですが知り合いの方から聞いてはるばる当クリニックまでお越し頂きました。

当初アメリカの先生から残りの治療期間は数ヶ月と聞いていたようですが、かみ合わせの不十分さからその調整に約1年かかりました。

その間、大阪市内から毎月通って頂いたのですが、アメリカの医療事情や口腔ケアなどの話をして下さりとても楽しそうに通って頂きました。

そして装置が外れた当日、いつものようにイベントを行いましたら涙を流して喜んでくれました。そしてここでの治療に本当に満足して頂き、アメリカとの先生の違い、スタッフのすばらしさなど身に余るお褒めの言葉を頂きました。

他の医院での治療を経験した患者様は本当に少ないです。しかしTさんのように他医院と比べて当クリニックを評価して頂いたのは本当に誇りに感じました。有り難うございました。リテーナーになって、パワーアップしたTさんは再びアメリカに戻られました。

38歳女性 T.Tさん

STORY No.2

患者さんからの一言[Mちゃん]

患者さんからの一言

私が深井矯正歯科に入って間もない頃のことです。まだ仕事にも慣れず、患者さんとのコミュニケーションもなかなかうまくできず、毎日が緊張続きの日々でした。

中学生の患者さんのMちゃんの治療をしていたときです。装置の調節にもたもたと時間がかかり、患者さんにも負担をかけているという申し訳ない気持ちと焦りでいっぱいになっていた私に、Mちゃんは「装置を調整したりできるのすごいね。と言ってくれました。

その言葉にどれだけ励まされたかわかりません。何気ない一言かもしれませんが、私にとっては本当に心温まる一言でした。患者さんがしんどくない治療をできるように、もっとがんばろうと決意した瞬間でした。

Mちゃん

STORY No.3

♪私も衛生士になりたい♪[女子中学生の患者さん

♪私も衛生士になりたい♪

深井矯正歯科で歯科衛生士として仕事をしてはや数年・・・、今までたくさんの担当患者さんを受け持ってきました。歯磨きやMFT(舌の訓練)など個別に指導計画を立てて毎月指導をする日々でした。そんなある日、女子中学生の担当患者さんから思いがけない言葉をもらいました。

「私も将来、歯科衛生士になりたいと思っているんだけど、どうしたらなれるの??」というなんともうれしすぎる言葉です。今までコミュニケーションを楽しくとって、熱心に指導をしてきた患者さんではありましたが、まさかそんな事を思ってくれているとは思わず、感激して目頭が熱くなりました。

そして、患者さんの人生に少しでも影響を与えることができた喜びと、責任重大さを改めて実感し、身の引き締まる思いでした。その日のその言葉を聞いた瞬間に、私の夢がうれしい事にまた1つ増えました。その患者さんが歯科衛生士になった姿を見る事です。できることなら、深井矯正歯科で一生懸命働いている姿を見てみたいです。実現する日も近いのでは・・・。

女子中学生の患者さん

STORY No.4

嬉しかった事[R君]

嬉しかった事

私は今、深井矯正歯科クリニックで歯科衛生士として勤務して約半年経ちます。私にとって、矯正歯科での勤務は初めての経験で、日々勉強の毎日ですが、そんな毎日の中でも、歯科衛生士としての喜びや、嬉しい出来事を沢山経験しました。その1つが、患者さんであるR君の出来事です。

小学校3年生のR君の歯磨き指導を初めて行う事になり、私はまず名前を覚えてもらうために自己紹介をし、少しでもR君の記憶に残るようにと思い、色々と楽しい話をしました。それから3ヶ月が経ち、私はもう一度、R君の歯磨き指導を担当させていただくことになりました。

その時カルテに書かれたR君の名前をみて、私はすぐにR君と前回お話した内容を思い出しました。R君は私の事覚えているかな?と思いながら部屋に入るとR君が私の名前を覚えていてくれて前回お話した内容の続きを話してくれました。

その時にR君の記憶に残っているんだと感じたとき、すごく嬉しく思いました。今後もそういった患者さんが増えるように私自身日々笑顔を絶やさず、しっかり患者さんの気持ちにたって接していきたいとおもいました。

R君

STORY No.5

ニコニコ笑顔[患者さんの笑顔]

ニコニコ笑顔

受付では、患者さんと一番初めに顔を見て挨拶をします。子供の方から大人の方まで、みなさん元気よくニコニコと挨拶してくれる方がたくさんいます。そんな笑顔を見ていると、いつも元気をもらいます!受付では、患者さんの他、初めてカウンセリングに来院される方や、治療に入られて初めて検査を受けられる患者さんなど、たくさんの患者さんが1日で来院されます。

その中でも、私にとって1番嬉しく思うのは…治療に入られての初めての患者さんは特に緊張される方が多いかとは思いますが、日が経つにつれて顔の表情がニコニコと元気な顔に変っていく時が一番嬉しいです!そんな元気な患者さんの顔を一番初めに見るのができ、私にとって嬉しく思います。

そんな患者さんとも来院時には色んな楽しいお話をして、たくさん質問をしてくれます。治療を通して楽しい時間を過ごせるのも、患者さんの元気なパワーをもらうからです!

患者さんの笑顔

STORY No.6

安心のクリニック[深井矯正歯科]

安心のクリニック

最初はまだ緊張や不安があり、あまりお話する機会がなかった患者さんでしたが、来院を重ねる事にたくさんのお話をして頂けるようになり、今では色々なお話を聞けることがとても楽しく、嬉しく思います。

話すことや話を聞く事が大好きなので、日々みなさんに元気をもらい楽しい毎日です。矯正する時は不安などがたくさんあると思いますが、少しでも早く慣れ、楽しく通院して頂けるよう心掛けたいと思います。そしてすべての患者さんが楽しく、安心、信頼できるクリニックでありたいです。

深井矯正歯科

STORY No.7

深井矯正歯科の魅力[医院のスタッフ]

深井矯正歯科の魅力

深井矯正歯科で歯科助手として働き始めて約半年、学生時代からのアルバイトの期間を含めると約4年間が経ちます。アルバイトとして働いているころから感じている、深井矯正歯科の“魅力”は「ありがとう」という気持ち、そして言葉を大切にしていることです。

それが対患者様だけではなく、スタッフ同士の間でもその相手に感謝するという気持ちを忘れることは決してありません。アルバイトの頃は雑務であったり、診療後の点検・掃除など本当に簡単な業務をしていました。その時でも「今日も来てくれてありがとう、本当に助かるよ。」と、先輩のスタッフの方に帰り際にいつも声を掛けていただいて、ここでアルバイトとしてお手伝いをさせていただけて本当に嬉しいと心から感じていました。

そして、大学卒業後も深井矯正歯科で社会人として勉強したいと考え、正社員として働かせていただくことになりました。それからの半年間はそれまでとは違い業務内容も一段と増え、内容も難しくなり毎日が慌しく過ぎていきます。毎日が勉強で悩むこともたくさんあるけれど、指導をしてくださっている先輩方や同期のスタッフに助けてもらいながら働いています。深井矯正歯科で働いていることを誇りに思いながら、日々成長していきたいです。

医院のスタッフ

STORY No.8

勉強になった事[深井矯正歯科]

勉強になった事

私は今、矯正歯科技工士として、深井矯正歯科にお世話になっています。技工士の立場で実感している深井矯正歯科の特徴は「勉強をしようという気持ちを、どこまでも応援し、後押ししてくれる」という点です。

小さな質問にも丁寧に答えてくれる先生方。それから歯科衛生士さんや歯科助手さんという、私とは違う仕事のスペシャリストである仲間たちが、技工士の目線ではなかなか知る事のできない知識を分け与えてくれます。学会や、セミナーにも沢山参加させて頂いていますが、その後、各自レポートをまとめて、お互いに報告しあっています。

このレポートの作業は、自分の頭を整理できるだけでなく、他者のレポートを読ませてもらう事で、同じ講義を聴いていても各自違う視点の見方に気付けたり、自分が聴き逃してしまった事や、いまいち理解できなかった事をしっかり教えてもらえたりと、講義の理解度を何倍にも深めてくれます。

そういった環境に恵まれてきた事で、私自身も深井矯正歯科のメンバーに仲間入りさせてもらってから、技工士としても、矯正治療に携わる1人の人間としても、以前よりはずいぶん成長できたのではないかと思っています。矯正治療を勉強したいという気持ちがある全ての職種の歯科医療従事者に、自信を持っておすすめできる歯科医院が、今私がお世話になっている深井矯正歯科です。

深井矯正歯科